システム構台の安全性について

システム構台とは、土木工事の現場でより高品質の作業足場を構築できるシステムです。これまでの法面足場工法では、単管やクランプで足場を組み立て、その上に根太材を配置、更にその上に長尺杉板を番線で固定して、作業床を構築する必要がありました。従来の工法による足場組立作業は、傾斜地では危険を伴うものでした。一方、システム構台は、各部材がすべてユニット化され、工具不要のはめ込み式のため、大幅に施工時間を短縮することが可能です。両手を塞がれることがなくなり、作業の安全性も高まりました。

安全性の高いロボットケーブル

ロボットケーブルに求められるものは品質と安全性です。過酷な使用条件下の耐久性が求められています。そのため過酷な状態での試験を得てから製品化されます。ロボットケーブルは産業機器にはなくてはならないものです。どのような条件下の元でも動くように設計されて作られています。ケーブル同士でのノイズが干渉しないように作られています。様々な安全条件をクリアーした物だけが製品化されています。使用する際には適合条件を調べ用途に合ったものだけが使用されています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 工業に欠かせない足場とは All rights reserved