品質管理上必要な刻印

刻印とは、文字、数字、記号などを金属やその他の素材に刻むことを言いますが、特に工業製品などの型番や製造番号、シリアルナンバーなどを残すという用途で、近年の品質管理システム上では欠かせない作業となっています。製品に刻印をしておくことで、不良品などの回収時にも役立ちますし、偽造品の流通を防止したり、盗難時の追跡にも役に立ちます。最近は、自社で簡単に作業を行うための機材も販売されていますので、購入してみてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 工業に欠かせない足場とは All rights reserved